SOLUTION

  • セミナー

セミナー資料の作成代行とバックアップ

ご相談内容
商社様より「ユーザーへカートリッジヒーターの仕組みや、取扱い方、仕様等をわかりやすくご説明するセミナーを開きたい。しかしヒーターについての専門知識に不安なところもあるため、セミナーに使う資料を代行して作っていただきたい。またレクチャーを事前にしてほしい。セミナーの目的は、ヒーターについて深く認知してもらうことによる受注UPです。」とのご相談をいただきました。

TASK

セミナーの対象者はヒーターの知識がないユーザー様なので、興味を持ってもらいにくいことが予想される。
事前にお客様へユーザー様のヒーター知識についてお聞きして、簡単になり過ぎず、難しくなり過ぎない内容にする必要がある。 またユーザー様のヒーターを取り扱う装置や環境に近い事例を使い、より親近感を持っていただく内容にすると効果的である。
商社様はセミナーでの専門的なご質問がきた際に、すぐ対応できるか自らの力量に不安をお持ちである
セミナー資料のカンペや、事前に想定される質問に対してのQ&Aを整え、安心してセミナーを開催してもらうことが効果的である。
商社様はヒーターについての温度グラフ等のデータをお持ちでないため、セミナーの内容に具体性を出せるか不安をお持ちである
弊社が蓄積したデータを盛り込んで具体性を出すことで、ユーザーに安心感を抱いてもらうことができる。

CONSULTING

この事例の具体的なプロセスをご紹介します。

COMMENT

  • お客様

    ユーザーの使い方に近い具体的なセミナー資料となり、セミナー参加者からはとてもわかりやすいといった言葉をいただきました。またセミナーの最後にいろいろと質問がきて、次の商談へつながる形となりました。当初の目的が達成できてとても満足しています。次回は別のユーザー向けでお手伝いをお願いしたいと思っています。

  • 河合電器

    弊社がセミナーを直接開催することはあれど、お客様のセミナーの資料を代行して作成することは初めての試みでした。自らが話すのでは無いため、商社様にも、その先のユーザーにもわかりやすい資料とするのに苦労しましたが、商社様の後方支援ができたことは大変嬉しい限りです。

通常、メーカーは自社製品を使ったプランニングを行うことが一般的ですが、河合電器の熱のコンサルタントは、他社製品に関するご相談であっても、お客様が改善したいテーマに真正面から取り組みます。

今や河合電器にとって製品を開発することは、お客様の抱える課題を解決するための一つの手段でしかないと考えています。80年を越える経験により培った知恵を通して、お客様の抱える課題、そこへ至った経緯も含め、全体を見ながら最適なプランをご提案いたします。

熱のコンサルタントはお客様のご都合に合わせて柔軟な対応が可能です。
費用も案件ごとに異なりますので、まずはお気軽にご相談ください。

CONTACT

ご相談・お問い合わせを
お待ちしております。

SOLUTION

PAGETOP