SOLUTION

  • セミナー

あやふやになった熱の扱い方を
明確にしたい

ご相談内容
お客さまは、製造業のとある企業様。

「自社取扱製品において、なぜここに、このヒーターを、このような方法で使用しているのかがあやふやな状態になってしまっている。根本に立ち返って考え方を理解したいため、基礎的な部分からヒーターについてレクチャーしてほしい。」とご相談いただきました。

TASK

当初の仕様を踏襲し設計を行ってきた結果、熱源の根拠について社内で理解している人がいなくなってしまった
担当者が入れ替わってしまった結果、「ヒーターとは?」といった基礎知識も持たずにヒーターを採用しているため、熱の扱い方や考え方を基礎的な部分からお教えする必要がある。

CONSULTING

この事例の具体的なプロセスをご紹介します。

COMMENT

  • お客様

    身近な機械が例題になっていたので、とても理解しやすく助かりました!温調器メーカーによるセミナーもあり、とても有益な知識を得ることができました。ありがとうございました!

  • 河合電器

    多くの関係者に参加していただき、河合電器としてもたいへんやり甲斐がありました。また、製品の設計や製造だけではなく、知恵を提供するという河合電器のスタンスをより深くご理解していただくことができ、とても有意義な一時を過ごすことができました。こちらこそありがとうございました!

通常、メーカーは自社製品を使ったプランニングを行うことが一般的ですが、河合電器の熱のコンサルタントは、他社製品に関するご相談であっても、お客様が改善したいテーマに真正面から取り組みます。

今や河合電器にとって製品を開発することは、お客様の抱える課題を解決するための一つの手段でしかないと考えています。80年を越える経験により培った知恵を通して、お客様の抱える課題、そこへ至った経緯も含め、全体を見ながら最適なプランをご提案いたします。

熱のコンサルタントはお客様のご都合に合わせて柔軟な対応が可能です。
費用も案件ごとに異なりますので、まずはお気軽にご相談ください。

CONTACT

ご相談・お問い合わせを
お待ちしております。

SOLUTION

PAGETOP