SOLUTION

  • シリコンラバーヒーター

湿度測定器保温用ヒーター

ご相談内容
湿度測定器のチューブ内を気体が通る際、気体が冷却されてしまうと結露してしまうため、チューブ内を保温したい。複数本の管に分岐する構造(マニホールド)を持った気筒であるため、どのように温度調節を行えばよいのか教えてほしい。温度調節は簡易的なパワーコントローラーで実施したい。」とご相談いただきました。

POINT

  • マニホールドを含んだ分岐前後にあるチューブ内の流量に合わせた熱量(W)を選定する必要がある。
  • 流量、質量の違うアイテムを保温するため、熱量(W)以外に温度測定ポイントも配慮する必要がある。
  • 簡易的なパワーコントローラーの応答速度と、昇温能力のバランス(暴走防止)を考慮する必要がある。

PROPOSAL

COMMENT

恒温槽から露点計までの気体の経路で、冷える部分をすべてなくしたいというご要望でしたが、マニホールド、チューブの加熱方法、温度制御、形状に至るまで、ゼロからお客様とアイデアを出し合い、形にすることができました

お客様と何度も打ち合わせを繰り返すことで、河合電器の熱に関する知見とお客様の実機に関する知見をうまく組み合わせることができました

CONTACT

ご相談・お問い合わせを
お待ちしております。

SOLUTION

PAGETOP