SOLUTION

  • シリコンラバーヒーター
  • 温度調節器

食品製造ラインの焦げ防止

ご相談内容
食品製造ラインで液状の食品をガスの火で炙って温める際に、温度ムラが大きく、焦げることがあり困っているという工場からのご相談。安定した温度で温めて、食品が焦げたりせず、商品にムラがないようにしたいというご要望でした。

POINT

  • ガスの火では、一部の狭い範囲しか加熱できないため、焦げにつながる。そのため、面での加熱が必要となる。
  • 面状発熱体のラインナップから、温度、環境を考慮する必要がある
  • 加熱の際の温度制御には、外部環境の変化にも対応できるようにする必要がある

PROPOSAL

COMMENT

食品製造ラインにおいて、安定した商品を製造するためには、加熱の際の温度の安定が一番の課題でした。加熱には様々な方法があり、それぞれの方法にもメリット、デメリットがあります。今回、お客さまの真のご要望を聞き取ることで、最適な提案ができたと思われます。

CONTACT

ご相談・お問い合わせを
お待ちしております。

SOLUTION

PAGETOP