SOLUTION

  • ホースヒーター

接着工程の作業効率化

ご相談内容
接着剤を塗布する工程でノズルの詰まりが頻発しているというご相談。熱をかければ流れは良くなるはずだが、どこにどういった熱源を設けたら良いのか、全くアイディアも知識もないので、良い提案が欲しいというご要望でした。

POINT

  • タンクからノズルまでの温度推移を可視化し、正確な現状把握を行う必要がある
  • どこにどういった熱源を設けるか、どの時点でどれぐらいの温度になっているべきかを検証し、熱を可視化する必要がある
  • 冷めてしまった接着剤を急激に温めることはできず、焦げ付くなどの問題が懸念されるため、対策が必要である。

PROPOSAL

COMMENT

今までは接着剤が固着してしまい、メンテナンスに多くの時間と労力を費やしていましたが、その回数も時間も大幅に改善されて、安定した生産ができるようになったとお客さまにたいへん喜ばれました。温める箇所を限定的に見るのではなく、どこがどうなっているかを全体的に見ることは河合電器が得意とするところですので、今回もとても良い提案ができました。

CONTACT

ご相談・お問い合わせを
お待ちしております。

SOLUTION

PAGETOP