SOLUTION

  • カートリッジヒーター

熱圧着器の温度分布改善の
パッケージ提案

ご相談内容
「熱圧着器の新製品を検討しています。熱圧着用のヒーターブロックについて、現行機種よりも温度ムラを改善したいです。中心付近は良い分布が出ていますが、端部ほど温度が低くなってしまうため適切に機能しません。現行300℃±5℃程度の温度分布であるのに対して、新製品では300℃±3℃以内に改善したいです。」とご相談いただきました。

POINT

  • ヒーター単体と、実機に搭載された状態では温度分布が大きく異なるため、ヒーターだけの提案では改善に繋がらない
  • ブロックの端部付近は温度が下がりやすいが、今回は端部ぎりぎりまで温度が下がらない仕様とする必要がある。
  • 試作品をお納めするだけでは、何回試作しなければならないか見通しがつかず、お互いに手間も増えそう。

PROPOSAL

COMMENT

温度分布の改善について、難しいポイントの一つは、ヒーターの試作を何種類も試す必要があるということです。そのため全体の費用やスケジュールが見通しづらいという問題があります。設計から製品代金、試験費用などすべてパッケージで提案することで、費用が明確になり、スケジュールも見通しやすくなります

CONTACT

ご相談・お問い合わせを
お待ちしております。

SOLUTION

PAGETOP