SOLUTION

  • カートリッジヒーター

大型平面プレス機の新規設計

ご相談内容
大型平面プレス機を製作するにあたり、温度分布や歪みを考慮したヒーターの容量や配置などをご相談いただきました。現在取り引きしているメーカーでは、熱盤の製作は可能でも、ヒーターの選定まではできないため、最適なヒーターも選定してほしいとのご要望を頂きました。

POINT

  • 上下面で容量値、系統数に制限があり、その中で選定する必要がある。
  • 温度分布を±10℃以内、厚みのむらを150μm以内に抑える必要がある。
  • トライ&エラーで作り直す時間と費用がかけられないため、論理的な裏付け無しに製作に踏み切れない。

PROPOSAL

COMMENT

今回は大型プレス機を製作する上でトライ&エラーができない状況でした。しかし、河合電器自慢のノウハウ、HSP(ヒート・シミュレーション・プログラム)によるバーチャルシミュレーションを事前に行うことで、設計の前段階から、論理的な裏付けを踏まえて構造を決定することができました。また、ヒーターの選定だけでなく、河合電器はヒーターメーカーとしての強みも併せ持っているからこそ、制作上のアドバイスでお役に立つことができました。

CONTACT

ご相談・お問い合わせを
お待ちしております。

SOLUTION

PAGETOP