SOLUTION

  • シリコンラバーヒーター

小型インクジェットプリンター用
ヒーターの開発

ご相談内容
インクジェットプリンターの新製品の開発を企画されているお客さまより、「小型で製作したヒーターを使用しているが、絶縁低下を含めて品質が安定しないため、ヒーター開発も含めて相談に乗って欲しい。」とご相談いただきました。

POINT

  • 評価試験内容が見直しになるため、寸法や容量の大幅な変更は避けたい
  • 有機溶剤などがかかる可能性があるため、耐食性を考慮する必要がある。
  • 開発製品になるため、ヒーター部分としての評価と、装置全体としての評価の、両方のスケジュールを立てる必要がある。

PROPOSAL

COMMENT

今回は、小型インクジェットプリンターで寸法や容量が制限された状況での案件でした。現行品が小さく、品質が安定しない状況の中で、河合電器の基準を超えた開発製品となりましたが、お客さまと二人三脚で試行錯誤を繰り返して、新しい製品を開発する事ができました。品質を安定させるため、技術・製造と一丸で取り組み、その後も品質は安定し、他の機種への展開に繋げることができました。

CONTACT

ご相談・お問い合わせを
お待ちしております。

SOLUTION

PAGETOP