COLUMN

2019.09.25

ヒーター紹介

カートリッジヒータープレートの製作承ります。

当社は単なるヒーターの製造販売ではなく、「お客様の熱の問題を解決する」ことに取り組んでまいりました。
そのため熱源だけではなく、アッセンブリでの製作も承ります。

本日は、その一例をご紹介いたします。

カートリッジヒーターを用いた熱盤

熱板1(全体)

熱板2(口元)

こちらは、棒状のヒーターであるカートリッジヒーターを インストールした熱盤です。
写真のように、板金に穴加工を施し、ヒーターを挿入することで、熱盤として利用されます。

ヒーター単体でご購入いただき、ご利用いただくケースが主ではありますが、熱盤としての製作も可能です。

ヒーターや温度センサーも単に組み込むだけではなく、温度や要求精度等に応じて、その位置や温調方法のご提案も行います。

 設計にも活きる長きに渡り培ったノウハウ

プレート温度分布(CAE)

最近ではCAEを使ったシミュレーションも主流となりつつあり、当社も早くから導入しておりますが、コンピュータによる計算にも経験知や実測データによる裏打ちが必須です。

当社が90年積み重ねた経験とデータを生かして、高温度域でも高精度な温度均一性を持つホットプレートを設計・製作することで、今後もお客様のご要望にお応えしてまいります。

熱コラム一覧へ

CONTACT

ご相談・お問い合わせを
お待ちしております。
オンライン相談も承ります。

PAGETOP

見えない熱を素早く可視化 熱シミュレーション承ります