COLUMN

2019.06.25

ヒーター紹介

スペースヒーターとはどんなヒーター?

スペースヒーターの歴史にKAWAIあり!
今回は、KAWAI印のスペースヒーターをご紹介致します!

スペースヒーターとはどんなヒーター?

スペースヒーターとは、電気、通信、新エネルギーなどのインフラ設備で、悪天候時の結露を防止したり、機器の温度を保証動作範囲へ加温する際に使われるヒーターのこと。
身近なところでは、配電盤や分電盤など。屋外の電子機器が設置されている筐体に入っていることが多いです。

結露は電気、コンピュータの天敵。
また、気温が氷点下となる場合には、電子機器の動作範囲まで、環境温度を保持します。
目立ちはしませんが、陰ながら私たちの生活を支えております。

様々な形状で実績が御座いますが、たとえば次のようなものが御座います。

簡易取り付けスペースヒーター

column-534-1
column-534-2

日本全国に配置された、インフラ設備で長いものでは、設置後20年以上壊れず使用された実績も多くあるタイプのスペースヒーターです。
長年の間に信頼性試験も、多数行って参りました。
使用実績だけではなく、様々なデータに裏付けされた品質が、日本の社会を支えています。

特徴的なその構造です。
パンチングメタルの中にヒーターが納まっていて、端子ボックスが一体化しています。
設備への取り付けはねじ止めだけでOKとなっています。
設置する筐体の大きさに合わせ、複数設置していただく事もあります。

また、定格も任意で製作することが可能です。

ファン付きスペースヒーター

column-534-3

column-534-4

こちらはファンが一体化されているタイプ。

ファンにより、筐体内に対流が生まれますので、広範囲の温度保持をすることが出来ます。
また、対流によりヒーターの熱が空気中へ効率的に熱交換されることから、比較的ヒーターの熱容量(W)を大きくすることができます。
これら二つの理由から、こちらのタイプは、スペースヒーターの本数を少なくできると言えます。

もちろん、こちらも任意の定格で製作できます。
どちらのヒーターも形状は一例であり、事例に合わせた形状でおつくりすることを推奨いたします。

限られたエネルギーを、最大限効率的に伝えるために。

まずはぜひ、お気軽にご相談下さいね。

熱コラム一覧へ

CONTACT

ご相談・お問い合わせを
お待ちしております。
オンライン相談も承ります。

PAGETOP

見えない熱を素早く可視化 熱シミュレーション承ります