COLUMN

2020.05.22

サービス紹介

[HSP] ヒート・シミュレーション・パッケージのご紹介

ヒート・シミュレーション・パッケージとは、お客さまに最適な「熱」をお届けするために生まれた、河合電器の新しいパッケージ・サービスです。

もう製品の試作を繰り返す必要はありません!

膨大な条件の組み合わせの中から最適解を導き出し熱設計する技術、それが河合電器が誇る「ヒート・シミュレーション」

世の設計者はこれまで、自身の知識と経験をもとに、常に最適なヒーター設計を目指してきました。しかしそこには限界もありました。

例えば、気体や液体の流速制御、熱を利用した対流操作、極めて高い精度が求められる均熱化など、知識と経験だけでは容易に解が導き出せないような高度な熱設計が求められた際には困難が伴います。設計者は過去の経験と実績データからある程度の当たりを付け、試作を繰り返すことによって精度を高めるという手段を取らざるを得ませんでした。しかも試作を繰り返すことにより費用も期間も多くかかってしまうことに加え、設計した結果が設計者の技量に大きく左右されてしまうというデメリットがありました。

そこで、河合電器が独自に築き上げたのが、先端技術「ヒート・シミュレーション」です。河合電器のシミュレーション・システムは、手計算では求められない複雑な熱移動も忠実にシミュレートし可視化しますので、人が予測できないような熱移動に対しても的確な対策や設計を行うことができます。そのため、医療用機器などに求められる複雑かつ高度な熱制御もさらに高い精度で実現可能となりました。また、製品開発において従来必要とされてきた「試作を繰り返す」という工程を最小限にすることができるため、開発期間の短縮やコスト削減にもつながります。

そしてこの度、ヒート・シミュレーションを活用した熱設計から最終納品までをトータルパッケージ化することで、お客さまにお気軽に、より最適な熱をお届けできるようになりました。ぜひ河合電器のヒート・シミュレーション・パッケージをご利用ください。経験豊富な解析エンジニアが責任を持って対応させていただきます。

ヒート・シミュレーション・パッケージの特徴

  1. 試作が最小限で済む
    製品の試作を繰り返すことが不要となり、開発期間の短縮、開発コストの削減につながります。
     
  2. より高い精度での熱設計が可能
    コンピューターが計算した客観的なデータに基づいて最適解を導き出すため、これまで以上に設計の精度が高く、装置全体のさらなる安定化へつながります。
     
  3. 高度な熱制御も可能
    気体や液体の対流操作、流速の最適化、極めて高い精度での均熱化など、一般的に難しいとされている高度な熱制御にもアプローチ可能です。

ヒート・シミュレーション・パッケージがおすすめなケース

  • 新規に設計する製品
    ヒーターの周辺環境に可変要素が多いため、通常は試作と試験を数多く繰り返す必要がありますが、ヒート・シミュレーション・パッケージを使えばそれらが最小限で済むため、開発期間の短縮、開発コストの削減につながります。
     
  • 医療や乗り物など人命に関わる製品
    高い安全性が要求される場合でも、ヒート・シミュレーション・パッケージを使えば、コンピューターが計算した客観的なデータに基づいて最適解を導き出せるため、安心してご利用いただくことができます。
     
  • 試験環境を再現しにくい製品
    真空環境やガス置換環境など、通常は再現しにくい試験環境でも、ヒート・シミュレーション・パッケージを使えばコンピューター内ですべて完結するため、心配無用です。

お客さまのご要望をお聞かせください!

お客さまのご要望をぜひお聞かせください。ヒート・シミュレーション・パッケージを使うことによって実際にどのようなメリットが生じるのか、お客さまごとに異なるケースに合わせて担当者が丁寧に説明させていただきます。お問い合わせ、お待ちしております!

熱コラム一覧へ

CONTACT

ご相談・お問い合わせを
お待ちしております。
オンライン相談も承ります。

PAGETOP

見えない熱を素早く可視化 熱シミュレーション承ります