問題解決ヒント集

HOME問題解決ヒント集 > 耐食性ならチタンヒーターがオススメです

■チタンヒーターが新登場!


 チタンは、耐食性に優れた素材です。軽くて丈夫なだけでなく、環境にもやさしい、まさにオールマイティーな素材として知られています。
            ◆    ◆    ◆

 長期にわたって劣化することがほとんどないため、ライフサイクルコストを最小限にできます。また、100%に近いリサイクルが可能で、環境を汚染することもない、地球に優しい金属です。

地球にもやさしい、チタンパイプヒーターをどうぞ!

■錆びに強い素材なら、ステンレスパイプでも良いのでは?


 カートリッジヒーターやシーズヒーターなどの金属パイプを用いたヒーターは、一般的にステンレスパイプを採用しています。

  ステンレス=ステイン(ヨゴレ)+レス(少ない)

という名前が表すように、ステンレスは錆びない金属の代表です。

ステンレスが鉄より錆びにくい理由は、クロムが含有されているからです。
このクロムが空気中の酸素と結びつく事で、金属表面に「不動態皮膜」という強力な膜を作り、錆から守っています。 もし表面の膜が破れても、含有しているクロムが瞬時に新しい膜を作ります。

■実は、ステンレスにも弱点が…!?



しかし、錆びに強いと言われるステンレスであっても、完全無敵というわけではありません。

例えば、海水中に含まれている塩素は、ステンレスにとって大敵です。 塩素は不動態皮膜を破ってしまうのです。 そして膜の修復が間に合わない為に、侵食がどんどん進行していきます。 (これを孔食と言います)

強薬品中など、かなり過酷な条件で使用される場合は、さすがのステンレスも孔食が起こってしまいます。


ステンレスは塩素で錆びる…

■もっとサビに強いヒーターってないの!?


そんな、 「通常のヒーターでは錆びてしまう」と、お困りのお客さま向けに、当社では「チタンパイプヒーター」をお勧めしております。

金属パイプをチタンにすることで、海水中や土中などの電解質中でも安心してヒーターを使用することが可能となります。

            ◆    ◆    ◆

 重量はステンレスの1/2に対し、強度は2倍。

さらに、熱伝導はステンレスと同等ですが、熱膨張は約1/2です。 とても厳しい使用条件下で加熱を考えておられるお客さまは、 是非お試しいただければと存じます。

チタンパイプヒーターは、サビに強く、軽くて丈夫!



お問合せはこちら